SEO対策:禁煙

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苦悩のベリーハント

静岡県の海岸線。駿河湾を眺めながら150号線をひた走る。

誰が言ったか
久能の“イチゴ海岸ストリート”


DSC06318.jpg

そのストリート沿いに、これでもかと並ぶイチゴハウス。
もしも、環七に点在するラーメン屋を、ココに集めて隙間無く一列に並べたとしたら
間違いなく“ラーメン海岸ストリート”と呼ばれるだろうが
一体何が言いたいかというと
要するにココはそれぐらい“イチゴ海岸ストリート”なわけ。

んでもって、各イチゴハウスには通称“イチゴ娘”ってのが配置されてて
ビュンビュン通り過ぎる車に向かって「寄ってくら~、イチゴ狩るら~」ってな調子で呼び込みをしているのだが、たいていイチゴ娘ってのはイチゴをイメージした赤と緑の派手めな衣装を着ていて、それが次々と視界に入ってくるもんだから、なんかもうやっきりしちゃってね。
あれ?さっきも同じイチゴハウスの前、通ったよね?ぐらいのデジャヴ感で終わるならまだマシ。
殺しても殺しても生き返り襲ってくるゾンビの怖さというか、まるで自分のすぐ目の前でヤンキーに寸止めシャドーボクシングやられちゃってるかのような精神的ダメージを受けることになる。

まァ、そういうことだからオートバックスの駐車場入り口にいるダンサーに気を取られて事故りそうになった経験のある人がこのストリートを通ったなら確実にタダでは済まないとだけ言っておこう。


海の反対方向を向けばすぐに山。
国宝、久能山東照宮があのへんに。
DSC06290.jpg

私達が訪れたのは、このイチゴ海岸ストリートの中で最も寂れた部類のイチゴハウスだろう。当然、イチゴ娘も不在だ。
むしろイチゴ娘がいないハウスのほうが逆に目立ってイイかもしれない。
私の兄の同僚の家族が経営している川島農園。
まったく知らないところよりはそういうところのほうが何かしらベネフィットを期待できるしね。(やらしい)
DSC06291.jpg

食べ放題30分で料金は小学生以上が1800円。2歳以上小学生未満が900円。
大人5人、子供4人(2歳以上が1人、あとはそれ未満)だから本来ならば9900円なのだが
同僚のよしみで5000円にしてくれた。(さっそくベネフィット)
DSC06292.jpg

さァ、どこでイチゴが待っているのかと受付所から歩かされること約10分。
DSC06311.jpg

山の斜面にビニールハウスが。
DSC06310.jpg

この斜面を活かした栽培が久能イチゴの最大の特徴だ。
DSC06293.jpg

久能のイチゴってのは「石垣いちご」とも呼ばれてる。
DSC06303.jpg

「石垣いちご」って言ってもイチゴの品種ぢゃないからね。
DSC06294.jpg

これが石垣のプレートなんだよ。(昔は本当の玉石で石垣を構築してた)
DSC06316.jpg

石垣をうまいこと組んで斜面を活かすから、いい感じに日光を浴びさせられる。しかも石垣が熱を蓄え、イチゴの生育を促進する。(たぶん)
DSC06314.jpg

さて、能書きはこのへんにして、イチゴって30分でどれぐらい食べられるもんかね。
(最後に残ったヘタの数を集計してみるよ)
DSC06295.jpg

ちなみに品種は章姫(あきひめ)だ。
DSC06296.jpg

たくさん食べるつもりだからね、コンデンスミルクなんか使わない。
DSC06302.jpg
コンデンスミルクをつけると却ってイチゴが酸っぱく感じちゃうからね。

ジュワッと甘~い!
DSC06306.jpg
んでまた、この生あったかい感じがイチゴ狩りで食べるイチゴの醍醐味よ。

チャーくんにも摘み方を教えたら、てこずりながらも一人で摘んで食べてる。
DSC06308.jpg

若干いぶかしげな表情だが
DSC06298.jpg

何かを企んでるな、これは。
DSC06307.jpg

ミモたんはまだニオイだけ。
DSC06305.jpg

ミモたんの写真を撮っていると「私も撮って」と母。
DSC06297.jpg
「なんで?」と聞き返しながらもシャッターを切っていると

その隙にチャーくん、イチゴ直食い。
DSC06300.jpg
コラーーーーーーーー!

目を離すとすぐこれだ。
DSC06301.jpg
今度は青いの摘もうとしてるし。

※直食いしたヘタの部分はこの後スタッフがちゃんと摘みました。なお、青いイチゴは摘ませていません。


イチゴ狩りをスタートして30分も経っていないと思うが、みんな「もう食べられない」と言い出した。
私は写真を撮りながらだったため、まだ食べる余裕はあったが子供たちの機嫌が悪くならないうちに終了しようということになった。
(結果を見ると実はTATSが一番食っていたけど)

【集計】
母+ソーくん:17
チャーくん:17
ワイフ:25
兄:31
妹+チャーちゃん:34
TATS:42
--------------------
計:166個
--------------------



下山の途中、売り物用に収穫したのが置いてあるのを見て、やっぱりもっと食べておけばよかったと思った。
DSC06309.jpg

おみやげ用にパックされたものは1パック250円だって。
DSC06317.jpg
9個入りのも6個入りのも同じ値段。(1個の大きさが違うから)

計算すると
9個入り:250÷9=約28円(1個あたり)
6個入り:250÷6=約42円(1個あたり)

イチゴ狩り料金5000円を私達が食べた166個で割ると
1個あたり約30円だから、結果まァまァってとこか。

でも、オマケ料金ぢゃなかったら完全に負けだな。


帰り、久能山東照宮へ続く鳥居をチラ見して
DSC06319.jpg
来年は必ずココを登ってみようと思った。

久能山東照宮とイチゴ狩りはセットで楽しむべきぢゃないかと。

日本平動物園とナブノエルがセットであるように。



関連記事:ナブノエルでランチ





スポンサーサイト

theme : 写真日記
genre : 日記

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは。
私も久能にていちご狩り、経験あります。
小学生の頃ですが。
行ったという事実以外、何も覚えてません。
なんてことないコメント、スミマセヌ。

雅王さん

コメントありがとうございます。
なんてことないコメントしかできない記事で、スミマセヌ。
久能に限らず、ご家族で
「今度の休みはイチゴ狩りにでも行こうか」
なんてことになったら嬉しいです。
何個食べられるか挑戦してみてください。
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

TATS

Author:TATS
TATSのなんちゃって禁煙ブログへようこそ!
ストレスからの解放~カタルシスを求めて~

TATSのお店
ラーメンとカレーの店
カテゴリ
ブログ内記事検索フォーム
リンク
【みんな更新がんばって!】
  • 管理画面
  • ブログランキング
    クリックしていただけるとランキングが上がるっぽいです。
    さぁ、クリックしてみよう!
    あなたがクリックするだけで
    ツイッター
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    RSSリンクの表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。