SEO対策:禁煙

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天ぷらそば対決【年越しカップ争奪戦】

年明けカレーうどん と時系列テレコになってしまったけど

年越しそばでタブーに挑戦!
禁断の【どん兵衛 VS 緑のたぬき】


タブーに挑戦!と抜かしてみたけど、すでに多くのサイトで扱われているネタです。
DSC00101.jpg
コンビニで買ったのですが、どちらも大きめサイズの195円。

どん兵衛
どん
お湯を入れた瞬間から「ダシの素」みたいなちょっとわざとらしい香り。
後のせの天ぷらを入れてちょっと汁に浸すとけっこうなエビ風味が立ってくる。
天ぷらに青のりがついていて、エビの風味と相まった磯の香りはイイ感じ。
天ぷらの歯ごたえなんかもサクサク感が妙にリアルで楽しい。妙にリアルでありながら、ジャンクの醍醐味みたいのがちゃんとあるって感じ。


緑のたぬき
緑
天ぷらのエビ風味はどん兵衛と共通。本来は後のせではないのだが、どん兵衛と同じ条件にしてみた。
汁を吸っていくうちにどんどんブヨブヨして存在感を増してくる。ブヨブヨした中からコロコロした揚げ玉が出てきて、時に香ばしく食べられる工夫は面白い。ただ、油のニオイが強く、油っこさを感じさせる。これも言ってみれば“妙にリアル”。


どん兵衛
どん麺
これが噂の「ピンそば」か。パッケージの写真ほど「ピン!」としてはいないがこんなもんだろうと思ってました。
蕎麦の風味はちゃんとあるね。特別感動はないが、ある意味リアル。
スープは濃くないように見えて、うま味が強すぎて後半飽きる。


緑のたぬき
緑麺
おっとこれは。どん兵衛と比べちゃうと蕎麦というより完全に「ヌードル」だ。
蕎麦の香りも弱く、ジャンクな感じ。逆にジャンク好きにはコチラのほうがある意味「ピン!」とくるのかもしれない。
スープは案外やさしい。どん兵衛と比べると、わざとらしさがなく飽きのこない味といえる。


【総評】
双方ともCMで聞き慣れたフレーズ通りの特徴があったため
どん兵衛の「ピンそば」か緑のたぬきの「荒節」かという展開になった。
リアルに近づきつつジャンクの醍醐味を残したどん兵衛か、スープ以外ジャンクに徹した緑のたぬきか。
完全に好みの問題だが(っつーか、食い物なんて全部好みの問題だ)
もう1回食べるとするなら…

勝者、どん兵衛!

勝敗を分けた一番の要因は天ぷらだろうか。
ブヨブヨして油くささのある緑のたぬきの天ぷらのマイナスが大きい。
それから“蕎麦”という部分での差。
見た目からしても昔ながらのカップ麺然とした緑のたぬきに対して、現代風に進化してきたどん兵衛という印象。

次回はきつねうどんで対決させようか。
マルちゃんのリベンジなるか。



【送料無料】 日清のどん兵衛 特盛天ぷらそば 12個

【送料無料】 日清のどん兵衛 特盛天ぷらそば 12個





スポンサーサイト

theme : 蕎麦
genre : グルメ

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

わーおもしろい!

安売り率が高いのは緑のたぬきですけど・・・
やっぱりどん兵衛の方が万人受け(?)するのかな。

ちなみに私は緑のたぬき派なんですけど(笑)

関東と関西でも味の違いがあるみたいですねえ(´ー`)

りらこさん

はじめまして、こんにちは。
コメントありがとうございます。
そーなんです。関東バージョン、関西バージョンがあるんですよね。
そういう比較をされているサイトもけっこうあるみたいですね。
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

TATS

Author:TATS
TATSのなんちゃって禁煙ブログへようこそ!
ストレスからの解放~カタルシスを求めて~

TATSのお店
ラーメンとカレーの店
カテゴリ
ブログ内記事検索フォーム
リンク
【みんな更新がんばって!】
  • 管理画面
  • ブログランキング
    クリックしていただけるとランキングが上がるっぽいです。
    さぁ、クリックしてみよう!
    あなたがクリックするだけで
    ツイッター
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    RSSリンクの表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。