SEO対策:禁煙

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画学校なんていらない

子供の頃、まだプロレスが全盛で
当然、今のように総合格闘技なんてメジャーぢゃなかったし
格闘技といえばプロレスかボクシングかって世の中。(だったと思う)
田舎の学校ではスポーツといえば野球かサッカーだけだったし。(その頃、地元静岡がサッカー王国だなんて知りもせず)

ボクシングは手しか使っちゃダメ。
サッカーは足しか使っちゃダメ。


子供ながらそんなルールに窮屈さを感じていたから
ボクシングを見れば「ローリングソバット入れちゃえよ」とか「カニバサミで倒して足関極めれば秒殺だろ」とか思ってイライラしたもんだ。

以上の理由で私は上京後、フリーターをしながら映画学校へ行くことになる。(急展開)
音楽を志す者が感じた音の限界。(挫折するきっかけはコチラの記事に見え隠れ)

音しか使っちゃダメ。

表現手段としての映画にプロレス的自由を見出したあの頃、すでにプロレスは衰退しつつあり
ほぼルール皆無のバーリトゥード(なんでもあり)が取って代わろうとしていた。

これからの時代はバーリトゥード。
バーリトゥードな総合芸術、すなわち映画しかないと。


話が長くなりそうだから端折るけど、今回こんな記事を書いたのはあるサイトを紹介したかったからだ。

MASUDA home page

映画学校でお世話になった講師、増田俊光氏のホームページだ。
(ちなみに増田氏も静岡県出身で、ウチの親父と同じ高校出身。年も1歳違いだから同じ校舎で過ごしていたことになる。不思議な縁だね)

そのHP内には映画講座 というページがあり、(1)~(40)+αにわたって映画制作に関するレクチャーを見ることができる。

この映画講座を見たとき、映画学校で過ごした日々のことが瞬時に甦ってきた。

あの頃の授業内容とまったく同じやん!

当時、深夜バイト明けに眠い目をこすりながら、そしてあまりのツラさに休みがちになりながらも一応卒業した映画学校。(正確には学校法人ぢゃないんだけど)
入学金やら何やらもたしか100万円ぐらいしたような気が…。

つーことはだよ。
このHP、ものすごい価値があるわけですよ。

いやァ、インターネットって本当にいいもんですね~。
シベリア


これから映画学校への進学を検討している諸君!行くな!w

このHP見てなさい!
おすぎ


別に映画の道を志すわけぢゃないっていう人も映画の見方が変わっておもしろいと思う。

というわけで
さよなら
サヨナラ、サヨナラ、、、サヨナラ!


スポンサーサイト

theme : art・芸術・美術
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

体育館の隅に畳をひいて稽古していた柔道部。その隣の卓球部。体育館裏のアスファルトのコートでふざけていた男子バレー部。そのコートの道路向かいのFミーんちのでかい犬小屋。僕が始めてみたケージは間違いなく、あれでした。

No title

人に歴史あり。ですなぁ。(褒め言葉)

Re

T仲さん
コメントありがとうございます。
忘れてました。選択肢にレスリングがあったT仲さんだけは
あのケージのことを「石脇のオクタゴン」と呼んでいましたね。

kawagoeさん
コメントありがとうございます。
kawagoeさんの歴史を紐解くともっとドロドロしたものが出てくるのではないでしょうか!魑魅魍魎。
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

TATS

Author:TATS
TATSのなんちゃって禁煙ブログへようこそ!
ストレスからの解放~カタルシスを求めて~

TATSのお店
ラーメンとカレーの店
カテゴリ
ブログ内記事検索フォーム
リンク
【みんな更新がんばって!】
  • 管理画面
  • ブログランキング
    クリックしていただけるとランキングが上がるっぽいです。
    さぁ、クリックしてみよう!
    あなたがクリックするだけで
    ツイッター
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    RSSリンクの表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。